病院長挨拶
病院紹介
International_Support_Desk
中国語案内
韓国語案内
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針

循環器内科

循環器内科では正確な診断と、適切で最新な治療を皆様に提供できるように心がけて診療にあたっています。


このページの目次

医師紹介


医師名

役職

認定医・専門医

大岩 功治 ・副院長
・内科部長
・救急科部長
・地域ケアサービスセンター長
センター長挨拶サイトへ20170530_oiwa
・医学博士
・日本大学医学部 臨床教授
・日本内科学会 認定医
・日本内科学会 教育施設指導医(教育責任者)
・日本循環器学会 専門医
・日本高血圧学会 指導医
・日本急性血液浄化学会 指導医
・日本心血管インターベンション治療学会 認定医
・日本心血管インターベンション治療学会 専門医
松本 真明 ・循環器内科部長

20170530_zyunkanki33
・医学博士
・日本内科学会 認定医
・日本循環器学会 専門医
・日本内科学会 研修指導医
八幡 貴治 ・循環器内科医長 ・日本内科学会 認定医
・日本循環器学会 専門医
・日本透析医学会 専門医
・日本内科学会 研修指導医
神田 弘太郎 ・医員 ・日本内科学会 認定医
・日本心臓リハビリテーション学会 指導士
西田 俊彦 ・医員 ・医学博士
・日本内科学会 認定医
・日本内科学会 研修指導医
竹井 規雄 ・医員
櫻井 由美 ・健康管理センター センター部長 ・医学博士
・日本内科学会 認定医
・日本循環器学会 専門医
このページの先頭へ戻る


診療科の目標

私たちの診療科では正確な診断と、適切で最新な治療を皆様に提供できるように心がけて診療にあたっています。 十分な科学的な裏付けがなされている(エビデンス:evidence-based medicine)治療と、患者様の信頼を得られるよう、十分なインフォームド・コンセントを行うように心がけています。

診療科の特徴

当院循環器科は日本循環器学会指定の研修施設であり、横浜市の心疾患救急指定病院として、急性冠症候群(心筋梗塞、狭心症)のカテーテル治療を24時間365日常時施行できる救急体制を敷いています。また、近年増加している生活習慣病の高血圧や脂質異常症、さらには高齢者や糖尿病などに多い、閉塞性動脈硬化症(ASO)の診断や治療を専門的に行っています。
循環器一般疾患の診療以外としては、
①慢性腎臓病で造影困難な例では、非造影での冠動脈MRIや下肢MRIでスクリーニングし、下肢血管内治療では炭酸ガスによる非造影剤治療も可能です。
②腎臓内科・透析チームと連携し、複雑・石灰化病変の多い透析患者さんの虚血性心疾患や下肢閉塞性動脈硬化症、心不全、下肢壊疽症例を積極的に治療しております。
③心臓リハビリテーションと多職種介入による心不全チーム医療で心不全再発予防を行なっています。
心臓リハビリテーションは、認定施設となっており、入院と外来心臓リハビリテーションを行っておりますので、ご希望の方は一度循環器科の外来を受診していただき、その後リハビリテーションのプログラムを専門の指導士とともに計画させていただきます。心臓リハビリテーションについて詳細はこちらでご確認ください。
心不全チーム医療とは、難治性心不全の患者様に対して再発予防やクオリティ オブ ライフを得るための多職種による協働医療の新しい医療システムのことで、詳細はこちらこちらでご確認ください。

施設認定

・日本循環器学会専門医研修施設
・日本心血管インターベンション研修関連施設
・日本高血圧学会専門医認定施設
・日本急性血液浄化学会認定指定施設
・日本心臓リハビリテーション認定施設(基準1)

代表的な疾患や治療について

虚血性心疾患

胸痛を自覚する疾患は色々ありますが、不安定狭心症や急性心筋梗塞の胸痛はいままでに感じたことがないような(命が不安になるほど強い痛みなど)胸痛とよく言われます。 ある日突然襲ってくる胸痛発作に対処するため私たち循環器科の医師は24時間体制で救急対応しています。それは心筋梗塞の治療タイミングが発症12時間以内(それも早ければ早いほど良い)なら治療予後が改善することが証明されているからです。この病気の治療にはカテーテルという特殊な管を使用する治療による手技が確立されています。この治療は手首や肘の血管から心臓まで管を通して血管造影や血管内治療を行う方法です。 当院では、365日、24時間体制で救急対応できるように常に準備しています。

心臓カテーテル検査


カテーテル検査と治療 (当院で行った治療ワークショップの一場面)

心臓カテーテル検査・・当院は日本心血管インターベンション治療学会の施設認定を所得し、専門医、指導医をはじめ、学会認定の臨床工学技師2名と認定エキスパート看護師1名を配属して検査や治療を行っております。心臓カテーテル検査とは、患者様の手首や鼠経部からカテーテルという細い管を挿入し、心臓を栄養する血管「冠状動脈」や左心室を造影したり、心臓の圧力を測定したりする検査のことです。 当院では基本的に手首の動脈から施行しています(橈骨動脈)。検査は局所麻酔で行い、検査時間は約30分から50分程度で施行内容や血管の走行によって時間が異なってきます。 検査後は止血バンドで手首の出血を止めます。当院では検査の場合、原則として一泊以上の入院をしていただいております。これはカテーテル挿入部の出血など、不測の事態に備えるためです。

PCI(経皮的冠動脈形成術)

カテーテルを利用した治療で血管内治療のことを指します。これは狭心症や心筋梗塞のために、狭くなったり閉塞した冠状動脈をバルーンという風船で拡げたり、 ステントという金属コイルで拡張することで血管を修復する治療のことです。現在薬剤溶出ステントと言われるステントが主流となっており、これにより再狭窄(しばらくすると再び血管が狭窄してしまう状態)を5%程度まで軽減できるようになりました。診断検査と同様に治療に際しても主に手首の血管(橈骨動脈)から施行していますので治療後も安静が少なくて済みます。


心筋梗塞のカテーテル治療の実際

不整脈


MRI対応ペースメーカ

心臓の動きは一定の速度で伝わる電気刺激(刺激伝導系)によって規則正しい収縮が生じています。しかしその規則正しいリズムが不規則になったり、電気刺激の経路に障害が生じて極端に脈が早くなったり、遅くなったりすることなどを不整脈と総称しています。不整脈のすべてを治療する必要はありませんが、適応があるものを当院では種々の検査から診断を行い、薬物治療などを行っています。
最近、心房細動という不整脈の治療で、新しい抗凝固剤(血の塊を作らないようにして脳梗塞の発症を防ぎます)を使った治療が主流となってきました。当院も積極的に治療を行っていますので、外来でご相談ください。また、特殊な不整脈の治療(特に脈拍が異常に遅くなったり、止まったりする病気)では、ペースメーカを植え込む手術も行います。

ペースメーカ手術

特殊な不整脈の治療(特に脈拍が異常に遅くなったり、止まったりする病気)では、ペースメーカの挿入が必要なことがあります。緊急の場合は一時的にペースメーカカテーテルを挿入し治療します。また、永久的に必要な時は体内埋め込み式のペースメーカを挿入します。挿入する手術は、多くの場合左の鎖骨下に局所麻酔で埋め込み手術を行います。ペースメーカの機械は500円硬貨よりやや大きめで、磁気に弱くMRI検査ができない欠点がありましたが、最近はMRI機器対応のペースメーカも発売され、当院ではMRI対応ペースメーカの埋め込みを通常行っています。

閉塞性動脈硬化症(ASO)

最近注目されるようになった病気で、間歇性跛行という歩行中に下肢に疼痛を生じたり、指などの壊疽を起こしたりすることで発見されます。原因は足の血管が狭窄や閉塞をきたすことで起こる病気ですが、高率に心臓病を合併することが報告されており診断検査の進歩から発見も増加しています。 当施設では常時ABIやSPPという足の血流を圧力やレーザーで測定する機械や下肢の超音波検査で検査することが可能です。必要ならCTやMRIなどを利用した動脈造影検査で診断します。さらに、薬物療法や運動療法で効果の得られない場合や重篤な血流障害から下肢が壊死に陥るような場合は手術が必要です。当院はカテーテルによる治療(PTA、EVT)を行って積極的に血行再建術を行っており、特に膝より下の血管にカテーテル治療することを特徴としています。
治療後はフットケアチームによる創傷ケアを行っています。さらに形成外科などの特殊な治療が必要な場合は、他施設との連携医療をj.WALKというネットワークで行うことも可能です。 詳しくはj.WALKホームページをご覧ください。(「j.WALK」とは、重症下肢虚血に対する多施設治療チームです)

詳しくはj.WALKホームページをご覧ください。
「j.WALK」とは、重症下肢虚血に対する多施設治療チームです。 j.WALKホームページはこちら (別ウィンドウで開きます)

PTA(EVT)末梢動脈カテーテル治療

カテーテルを利用して、閉塞や狭窄した下肢の動脈などを拡張する血管内治療を行っています。 局所麻酔を行ってカテーテルを挿入しますが、挿入する場所は病変部位によって異なります。鼠径部、上腕部、膝裏の血管を利用してカテーテルを入れて、狭窄や閉塞した血管にバルーン拡張術やステント留置術を行っています。バイパス手術に比較して、治療跡が残らず、局所麻酔にて治療が可能ですが、治療効果が少ないときは、血管外科医とバイパス手術を協力して行う、ハイブリッド手術も可能です。

心臓リハビリテーションと心不全チーム医療

心臓リハビリテーションとは、自分の病気を知ることから始まり、患者様ごとの運動指導、安全管理、危険因子管理、心のケアなどを総合的に行うもので、当院では2008年より外来型心臓リハビリテーション施設基準1( 心臓リハビリテーションサイト:学会認定施設)を所得し、専門の心臓リハビリテーション指導士によって、心筋梗塞や心不全を患った患者様を中心に運動リハビリテーションを開始しました。特に患者様ごとにプログラムを作成し、退院後の運動習慣化や運動耐容能が改善した症例を多く経験しております。

 心臓リハビリテーション

さらに2015年からは生活習慣、内服、栄養管理面のサポートを高めるために、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、医療ソーシャルワーカーなどが協働稼働し多職種介入する、心不全チーム医療を開始しました。副院長の大岩医師が主催し、現在特別外来で行っており、詳しくは循環器科外来にお問い合わせください。

多職種カンファレンスと心不全チーム医療イメージ図

心臓MRI・冠動脈MRI

造影剤を使用せずに、冠状動脈や心臓の構造、動きを撮影することが可能です。特に冠状動脈MRIは、CTやカテーテル検査と異なり、造影剤を使用せずに評価が可能となりました。腎臓機能が低下した患者様や健診結果に異常がありご心配な方などの検査として脚光を浴びています。
さらにMRI用の造影剤を利用して、心臓の筋肉(心筋)の働きを観察することも可能です。当院は最新のMRI機器と画像解析装置を設置しています。

心エコー検査・経食道心エコー検査

心エコーは体表面から超音波にて心臓の機能や形態などを検査する方法です。 プローブを呼ばれる機械にゼリーを塗って左胸に当てるだけで、特に人体に悪影響や痛みを生じません。当施設では女性に対しては基本的に女性の専門技師が対応しておりますので安心してお受けになれる環境を整備しております。 経食道心エコーは食道から超音波を入れることで見えにくい心臓の詳細な情報を得ることができます。

心臓弁膜症のエコー画像

トレッドミル負荷試験・ホルター心電図・24時間血圧・中心動脈血圧測定


最新のトレッドミル負荷試験の機械

トレッドミル負荷試験はルームランナーのような機械に乗って運動を行うことで心電図や血圧の変動を検査し狭心症などの診断を行います。 循環器医師と専門技師が午後に予約制にて行っております。 ホルター心電図は短時間では判明しない心電図の変化を小型機械と胸にはったシール型の電極を携帯することで、 24時間分の心電図を記録して不整脈などの診断に利用します。機械を取り付けるときとはずすときのみ病院に来ていただくこととなります。 その他の時間は自宅や会社などで普段と同様に過ごしていただきますが、入浴だけはできません。 近年、血圧治療の重要な検査として24時間血圧(ABPM)や中心動脈圧測定があげられます。当院では、両方の検査を施行することが随時可能です。

循環器内科検査治療件数

2016年度


心臓カテーテル検査 375件
血管内治療数 164件(PCI 105件、PTA 59件)
ペースメーカー植え込み術 19件(新規 11件、交換 8件)
心エコー件数 1558件(体表 1550件、経食道 8件)
心臓リハビリテーション 153患者(2216件)
負荷心電図 トレッドミル負荷試験 118件
ホルター心電図 291件
脈波検査/SPP検査 609件/46件
心血管MRI(冠動脈非造影MRI) 103件(61件)

このページの先頭へ戻る

PageTop