病院長挨拶
病院紹介
International_Support_Desk
中国語案内
韓国語案内
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針

栄養管理室

このページの目次


栄養管理室紹介

201608_eiyou_001
栄養管理室では、入院患者さんの栄養管理と、外来患者さんの食事相談などを行っています。
入院患者さんの食事については、各病棟に担当の管理栄養士がおり、栄養カンファレンスやミールラウンドを通して「食べること」をサポートしています。特に、摂食嚥下障害がある患者さんや、疾病によって食欲不振となった患者さんには、さまざまな食事対応を行っています。退院後の食事療法については、入院中に随時栄養相談を行っております。ご活用ください。
また、入院中の患者様については、栄養サポートチーム(NST)での活動を通して、経腸栄養や静脈栄養での栄養管理も積極的に行っています。
外来患者さんの栄養相談は毎日行っています。また、不定期ではありますが、医師・看護師・薬剤師などの多職種で糖尿病教室や腎臓病教室を開催し、その中で食事療法についてお話しています。
これからも「栄養」という視点で、地域のみなさまに貢献していきたいと思っております。
行事食
入院中の患者さんにとって食事は楽しみのひとつです。JCHO横浜中央病院では、「節分の日」や「ひなまつり」など、毎月1回季節の行事食を提供しています♪
201608_eiyou_002

外来栄養相談実施日

曜日

午前

午後

10:00~12:00 14:00~16:00
10:00~12:00 14:00~16:00
10:00~12:00 お休みをいただいております
10:00~12:00 14:00~16:00
10:00~12:00 14:00~16:00
栄養相談の予約は、外来受診時に主治医とご相談ください。

入院栄養相談実施日

患者様、ご家族様と、病棟担当管理栄養士が日程調整を行い、入院中に実施いたします。

病気の予防について

糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、診断された日から発症するわけではなく、症状がないまま少しずつ進行しています。実は症状が出た時には進行していることが多いため、特に食生活に関しては、主食・主菜・副菜を揃えた食事を1日3食腹八分目で食べることが生活習慣病の予防に繋がります。私たちの体は、食事から摂取した栄養で作られます。症状としてあらわれる前の段階で病気を予防するために、食生活を振り返るとともに、健康診断や特定保健指導をご活用ください。

このページの先頭へ戻る
PageTop