病院長挨拶
病院紹介
International_Support_Desk
中国語案内
韓国語案内
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針

脳神経外科

脳卒中や頭部外傷の急性期治療について、地域の中核病院として大きく貢献し高い評価を受けています。


このページの目次

医師紹介


医師名

役職

認定医・専門医

後藤 公聖 医員 ・日本脳神経外科 専門医
花島 裕也 医員
小谷 昭夫
青山 尚樹
五十嵐 崇浩
上野 裕壹
非常勤医師
非常勤医師
非常勤医師
非常勤医師

施設認定

日本脳神経外科学会専門医認定施設訓練施設 日本脳ドック学会認定施設

特色について

当院では、昭和55年にCT(コンピューター断層撮影)を導入(横浜では3番目)、脳神経外科救急を開始以来、脳卒中や頭部外傷の急性期治療について、地域の中核病院として、大きく貢献し高い評価を受け、現在も24時間体制で、脳血管疾患や頭部外傷など脳神経疾患の診療を行っています。 また、平成2年より、MRI(核磁気共鳴画像)を導入し、診断の向上を図るとともに、平成13年からは、フィリップス社製の最新MRIにグレードアップし、クモ膜下出血の原因となる未破裂脳動脈瘤や脳梗塞の発生に関係する無症候性脳梗塞など脳神経疾患の早期発見、早期治療を目的とする脳ドックを開設し、新たに予防的脳神経外科診療を展開しています。

対象疾患


  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • クモ膜下出血など脳血管患者
  • 脳腫瘍
  • 頭部外傷
  • 頭痛
  • めまい
  • 顔面神経痛
  • 顔面痙攣
  • 手足のしびれ
  • 手足のまひなど脳神経患者
脳ドックのご案内
MRI装置(PHILIPS社製1.0テスラ)による脳検査(MRI)と脳血管検査・頸部血管検査(MRA)を行っています。専門医の診断により、病気の早期発見や予防的治療が行えます。

脳ドックについてはこちらをご覧ください
PageTop