病院長挨拶
病院紹介
International_Support_Desk
中国語案内
韓国語案内
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針

臨床工学室

このページの目次

臨床工学室紹介

スタッフ数
 臨床工学技士 5名(内 3学会合同呼吸療法認定士 3名)
 透析技術認定士 3名
 心血管インターベンション技師 2名

臨床工学技士の業務は、呼吸・循環・代謝に関わる生命維持管理装置、人工呼吸器・血液浄化装置・補助循環装置・心臓ペースメーカーなどの操作を行う臨床業務と院内の医療機器の保守点検や医療機器安全管理研修の実施など、医療機器安全管理業務などを行っています。

血液浄化業務

201608_rinsho_001

腎臓病(透析)センターにおける血液透析、血液濾過透析を中心とした業務で、採血データなどの基礎データを評価・分析し最適な透析治療を提供できるよう医師・看護師と定期的なカンファレンスを行っています。
また、透析液の水質は透析医学会の透析液水質基準によるウルトラピュア透析液すなわち最高レベルの水質にて、オンラインHDFを行うなど質の高い安全な透析治療を行っています。
状態の悪い患者様に対しては病棟などでのCRRT、各種アフェレーシスなどにも24時間対応しています。

循環業務

カテーテル検査・治療

201608_rinsho_002

心筋梗塞や狭心症などの心臓虚血の検査・治療などでは心電図や呼吸状態の監視を行っています。状態の悪い患者さんに対しては大動脈内バルーンパンピングや心臓ペースメーカー、人工呼吸器の管理など循環器科医師と協力して行っています。
また当院透析患者さんのシャントの治療や下肢動脈疾患の患者さんに対する治療のサポートもしています。

心臓ペースメーカー

新規植込み時やジェネレーター交換時のプログラマの操作、植込み後のペースメーカー外来でのペースメーカーの状態のチェックを行っています。

呼吸療法業務

201608_rinsho_003

人工呼吸の開始から終了まで、各科の医師や看護師などと連携し、安全かつ的確な人工呼吸療法が提供できるよう、病態にあった人工呼吸器の設定の提案などを行っています。

医療機器保守管理業務

臨床工学技士は、院内の医療機器を中央管理し、保守管理業務を行っています。これらの医療機器が性能を損なうことなく適正に使用しているか、医療機器の異常や性能劣化がないかを、専用測定装置を用いて計画的に点検して確認しています。

医療機器院内研修

院内で使用している医療機器は種類、台数も多く使用方法の習得には時間と経験が必要です。医療機器の誤操作は患者さんに影響が出る可能性があるため、医療機器安全管理責任者である臨床工学室長が中心となり使用方法や注意点などを医師、看護師、コメディカルへなどの職員対象に研修会を開催しています。

このページの先頭へ戻る
PageTop