病院長挨拶
病院紹介
International_Support_Desk
中国語案内
韓国語案内
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全
院内感染対策指針
JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム

内視鏡センター

このページの目次

 

施設認定

・日本消化器病学会認定施設
・日本消化器内視鏡学会指導施設
・日本消化器がん検診学会認定指導施設
・日本消化管学会胃腸科指導施設


症例数・治療・成績

 当院内視鏡センターは日本消化器内視鏡学会指導施設であり、日本消化器内視鏡学会指導医、専門医を中心に検診から外来検査、治療内視鏡と幅広く手掛けています。治療方針は、週1回行う内視鏡センターカンファレンスで決定することで、最善かつ安全な治療を提供しています。また、専門的知識が豊富な消化器内視鏡技師も多数在籍し、消化器内視鏡検査、治療の介助も行うことで専門性に特化したセンターを実現しています。

 上部消化管内視鏡は年間約3300件、下部消化管内視鏡は年間約1000件行っています。嘔吐反射が少ない経鼻内視鏡や、鎮静下の内視鏡も導入しており、できる限り負担の少ない内視鏡を心掛けています。食道、胃腫瘍に対する内視鏡的粘膜切除術や内視鏡的粘膜下層切開剥離術は年間約40件、大腸の腫瘍に対する内視鏡的粘膜切除術や内視鏡的粘膜下層切開剥離術は年間約180件施行しています。専門性の高い内視鏡的粘膜下層切開剥離術については、治療法を開発し、確立された技術で治療を行っている日本大学病院の後藤田教授およびグループの先生のお力も借り安全第一の治療を目指しています。最近が増えている小腸疾患に対しては、侵襲の少ないカプセル内視鏡を行い、必要に応じてバルーン小腸内視鏡も随時行います。便に血がついているなど消化管疾患を疑う場合は、上下部消化管内視鏡だけではなく、カプセル内視鏡を用いた小腸検査もお勧めしています。

 消化管出血は薬剤の進歩により減少はしていますが、現在も致死的疾患であることには変わりはありません。当センターでは、吐下血に対しては内視鏡的消化管止血術を緊急で行える体制をとっており、年間約30件の止血術を行っています。肝硬変などに伴う食道・胃静脈瘤破裂に対しては、緊急での内視鏡的静脈瘤結紮術で対応し、待機的に内視鏡的静脈瘤硬化療法やバルーン下逆行性経静脈的塞栓術を行っています。また、高齢化社会に伴う入れ歯や薬剤包装の誤飲に対しては、内視鏡的異物除去も随時行っています。最近増えている、カツオやイカ、しめさばの摂取で起こすことのあるアニサキスの摘出も適宜行っていますので、心当たりの方は御相談下さい。

 膵臓や胆管の悪性腫瘍、総胆管結石に伴う閉塞性黄疸、急性胆管炎に対しては緊急の内視鏡的胆管ステント留置術も対応しています。総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開術、悪性胆道狭窄に対して開存期間の長い内視鏡的金属ステント留置術も積極的に行っています。これらは日本大学病院で長年治療にあたってきたメンバーに加えて、横浜市立大学肝胆膵消化器病学教室の窪田教授も診療に加わることで、安全で最先端に遅れることのない医療の提供しています。さらに、予後不良である膵癌の早期発見のため、超音波内視鏡による膵癌発見にも力を入れています。また、診断に苦慮する胆膵疾患だけでなく、縦隔や腹腔内腫瘤、消化管粘膜下腫瘍に対しても超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診を行うことで確定診断しています。

 腹痛、消化管出血、黄疸、貧血などでお悩みの方、膵臓や胆道疾患が心配な方、小腸疾患をお考えの方は、当センターまたは当院消化器・肝臓内科に御相談ください。また、消化器内視鏡専門医、指導医を取得希望の先生、消化器内視鏡技師に興味がある方も御連絡ください。責任を持って御指導致します。

PageTop