病院長挨拶
病院紹介
International_Support_Desk
中国語案内
韓国語案内
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
バリアフリー情報
情報公開
病院広報誌
ご意見箱
個人情報保護方針
医療安全
院内感染対策指針
JCHO版病院総合医(Hospitalist)育成プログラム

認定看護師紹介

line_02

obj_maintitle_p認定看護師

obj_head_01

認定看護師とは

特定の分野において、熟練した看護技術と知識を有し、水準の高い看護を実践できると認められた看護師です。 患者様やご家族によりよい看護を提供できるよう、認定看護分野ごとの専門性を発揮しながら認定看護師の3つの役割「実践・指導・相談」を果たして、看護の質の向上に努めています。当院では5分野の認定看護師が活動しております。
  • 緩和ケア
  • 皮膚・排泄ケア
  • 感染管理
  • がん化学療法看護
  • 摂食嚥下障害看護

認定看護師活動内容

緩和ケア認定看護師

がん・非がんの疾患による身体的・精神的・社会的・スピリチュアルなつらさを抱えている患者様やご家族へ、患者様が自分らしく生きられる支援をすることで、患者様のQOLの向上を目指します。また、患者様のからだやこころのつらさの軽減に努め、ご家族にはがん患者様との関わり方や患者様を看取るたまの心構えやアドバイスなどをおこなっています。当院には緩和ケアチームもあるため、多職種で患者様のケアに努めます。

皮膚・排泄ケア認定看護師

褥瘡(床ずれ)などの創傷、ストーマ(人工肛門・膀胱)保有者や失禁を伴う患者様に対し、専門的な創傷管理や排泄管理を行います。 それぞれの患者様に適した創傷管理や排泄管理、予防的・治療的スキンケアを行うことで、患者様やご家族が安心して日常生活を送ることができるよう、お手伝いします。
昨年度、特定行為研修「創傷管理関連」「創部ドレーン関連」「栄養及び水分管理に係わる薬剤投与関連」を修了致しました。看護のかかわりの中で必要なケアをタイムリーに行うことで、患者様がその人らしく生きることを支えられるよう、努めて参ります。

感染管理認定看護師

病院内のあらゆる感染の危険から患者様、家族、面会者はもちろんのこと病院職員を含めた全ての人々を守るため、「安心できる医療環境の提供!」を目標に活動しています。 院内活動としては、院内感染対策チーム(ICT)の一員として、環境、抗菌薬ラウンドを実施し様々な部署からのコンサルテーションを行い感染防止に努めております。院外活動としては、町内会や介護福祉施設に出向いて講演を行うなど、地域での感染に対する意識の向上に関わっています。

がん化学療法看護認定看護師

がん化学療法薬の安全な取り扱いと適切な投与管理、副作用症状の緩和およびセルフケア支援を行います。 抗がん剤治療を受ける患者様のQOLの向上を目指し、月に1回、意思決定支援、副作用対策など、外来・病棟などと一緒にカンファレンスを行っています。抗がん剤を受ける患者様やご家族の心に寄り添うケアを目指しています。 また、安全・確実な抗がん剤の治療を目指して看護スタッフに対し、教育や相談を行っています。

摂食嚥下障害看護認定看護師

摂食嚥下(せっしょく・えんげ)は、食物を認識して口に取り込むことに始まり、胃に至るまでの一連の過程を指します。 摂食嚥下障害とはこれらの一部もしくは、複数が障害された状態を言います。 よくむせる、飲み込みにくい、食べた後に喉がゴロゴロするなどの症状がある患者様が、安全かつ安心して食事が食べられるように嚥下機能を評価し、食事の形態・食べ方・姿勢調整・訓練方法・環境調整などを提案します。(誤嚥・窒息予防) また、栄養状態を把握しより良い栄養投与方法・栄養剤の提案を行い、食べられる身体づくりをサポートします。(低栄養・脱水予防)

がん性疼痛看護認定看護師

がん疼痛および腎不全・心不全の末期による苦痛のある患者様やそのご家族に対し、それぞれの価値観に合わせた関わりを持つことで、痛みや苦痛の緩和が出来、生命の質(quality of life)を高められるように援助いたします。痛みは主観的な症状であり、身体的な苦痛だけではなく心の痛みによっても増強することがあります。痛みの性質・パターン・要因などから、薬物療法や生活に於いての相談を受ける事で、速やかに苦痛が緩和されるように努めます。

認定看護師の在宅患者訪問看護(同行訪問)システム

当院は、地域医療、地域包括ケアの要となるよう地域連携を深め、患者さまが住み慣れた地域で生活を送ることができるよう支援していきたいと考えております。
このたび、褥瘡ケア、ストーマケアとがんの緩和ケア、化学療法中のケアに関して、訪問看護師の方を支援させていただくため、認定看護師が同行訪問できる仕組みを整えました。地域の医療職の皆様と連携して、患者さまのその人らしい生活を一緒に支えていきたいと思っております。お気軽にご相談いただければと思います。

1. 対象と実施内容
 分野  対象  実施内容
 皮膚・排泄ケア 1)真皮を超える褥瘡(D3以上)の状態
にあり、通院が困難な療養者
2)ストーマ(人工肛門、人工膀胱)を
造設しており、ストーマ管理が困難で
通院が困難な療養者
訪問看護師と共に在宅環境や人的・物的資源を確認し、
在宅で実施可能なケアを共に考え、提案することにより、
褥瘡の治癒促進や悪化予防、ストーマ周囲皮膚障害の改善、
介護・看護負担の軽減、在宅看護・介護職員の
知識・技術の向上につなげることができるよう努めます。
 がん化学療法 悪性腫瘍の化学療法を行っており、
通院が困難な療養者
 副作用による苦痛を最小限にするために療養者・家族の
セルフケアの提案をします。自宅で療養生活を自分らしく行うためにも、
専門的な知識を提供し、ケアや治療を継続するための精神的支援
により、療養者・家族が主体的に治療を継続していけるよう支援を
行います。
 緩和ケア 悪性腫瘍の鎮痛療法を行っており、
通院が困難な療養者
訪問看護師に同行して疼痛コントロール状況を確認して
疼痛管理へのケアについて共に考え、在宅で療養者が安楽に
過ごせるように提案していきます。また、在宅で看取りをする中で、
家族の不安や看取りの準備への支援を行います。
2. ご利用方法
1)訪問診療を行っている医師へ、認定看護師が同行訪問することをご報告ください。
2)下記の問い合わせ先にお電話ください。「認定看護師の同行訪問について、分野と希望日時」をお伝えください。
≪訪問可能な日時≫
・皮膚・排泄ケア:平日の午前・午後
・がん化学療法:毎週火曜日の午後
・緩和ケア:毎週木曜日の午前・午後
3)担当者より日程調整、打ち合わせの連絡を致します。
4)「在宅患者訪問看護・指導依頼連絡票」をご記入頂き、訪問日の前日までに下記の番号へFAXをお願い致します。
5)「認定看護師の在宅患者訪問看護に関する同意書」を下記からダウンロードし、療養者またはご家族に同意を頂いてください。同意書は同行訪問にうかがった際にお預かりします。
6)報告書の送信
同行訪問後に報告書を送らせていただきます。貴施設で規定の記録用紙がございましたら、指導依頼連絡票とともに記録用紙をFAXで送信いただくか、同行訪問時に担当者への手渡しをお願い致します。規定の記録用紙がない場合は、当院の報告書で作成し郵送させていただきます。
7)費用について:保険に応じた利用料と交通費をいただきます。
8)お支払い方法:以下の2種類からお選びいただきます。
①当院へ来院いただき、会計窓口で直接お支払いいただく
②郵便振込用紙を送付させていただき、お振込いただく(振込手数料は療養者様のご負担となります)

≪同行訪問の申し込み、お問い合わせ先≫
JCHO横浜中央病院 地域ケアサービスセンター
担当:中司、木村
TEL:045-681-9534
FAX:045-681-9542
(平日9:00~17:00まで)

  • 「在宅患者訪問看護・指導依頼連絡票」はこちら
  • 「認定看護師の在宅患者訪問看護に関する同意書」はこちら
  • PageTop